トップページ > 4月4日 あんぱんの日

 

あんぱんの日とは?

〜明治天皇と「桜あんぱん」〜

 

明治8年(1875)4月4日、あんぱんを明治天皇へ献上することになりました。

天皇両陛下が東京の向島にある水戸藩の下屋敷でお花見をする際、お茶菓子として、お出しするためです。

木村親子は、日本を象徴する国花で、季節感を表現できる「桜」に目を向け、

奈良の吉野山から、八重桜の花びらの塩漬けを取り寄せ、あんぱんに埋め込んでみました。

 

酒種のパン生地と餡の甘味に桜の塩漬けが絶妙で、この味なら自信を持って献上できると、木村親子は確信しました。

そして「桜あんぱん」は、天皇のお口に召されました。

陛下は大変気に入り、ことのほか皇后陛下のお口に合い、

「引き続き納めるように」という両陛下のお言葉を戴くこととなりました。

 

以来、店頭のあんぱんにも桜の塩漬けがへそ押しされ、「桜あんぱん」がお目見えしました。

このことから明治天皇に献上された4月4日は「あんぱんの日」として記念日に認定されています。

 

 

 

 

  • むしケーキ
  • 直営店舗の売れ筋商品ランキング
  • バーチャル工場見学
  • 直営店舗の商品一覧
  • 直営店舗のご案内
  • オンラインショップ
  • 木村屋の酒種食パン
  • あんぱんの日とは?
1