沿革

創業 明治2年(1869年)
明治2年 木村安兵衛が東京芝日陰町に「文英堂」を開業。
明治3年 京橋区尾張町(現在の銀座付近)に移り、屋号を「木村屋」と改称。
明治7年 銀座4丁目に店舗完成
木村安兵衛が酒種あんぱんを考案、発売する。
明治8年 明治天皇の水戸家への行幸の折、侍従山岡鉄舟より酒種あんぱんが献上され、ご試食の栄を賜る。天皇のお気に召し、皇后は特に愛され、引続き上納の栄を賜る。(宮中御用商に加わる)
山岡鉄舟が「木村家」屋号の大看板を揮毫。
明治10年 陸軍、パンを採用。「西南の役」用のパンを製造。
明治15年 木村屋のあんぱん、銀座名物となる。あんぱん1個1銭。
明治20年 蠣殻町中嶋座の正月興行で、木村屋のチンドン屋宣伝風景を取り入れ、評判になる。
明治33年 木村屋3代目儀四郎、ジャムパンを新発売。大評判となる。
大正7年 東京・東浅草の東禅寺に木村安兵衛、ブン夫婦像を建立。
大正12年 関東大震災、銀座4丁目の店舗焼失。
昭和2年 現在地に木村屋總本店落成。木挽町に工場新設。
昭和5年10月 株式会社に改組。(株式会社 木村屋總本店)
昭和15年 東京市京橋区小田原町(現在の中央区築地7丁目)に築地工場を新設し、移転。
昭和16年〜22年 第2次大戦中から戦後、小麦粉やパンの統制下にパンの製造配給の指定工場となる。
昭和25年10月 東京都新宿区百人町(現在の西新宿7丁目)に新宿工場を新設。新宿工場の一部に於いて、アメリカ商社UnitedBakeryとの契約により、駐留米国人向けの特製パンやケーキの委託加工製造を行う。米軍G.H.Qより朝鮮戦争戦地向けビスケット受注開始。
昭和40年10月 埼玉県入間郡三芳町竹間沢工業団地に三芳工場を新設。
昭和42年10月 神奈川県綾瀬市上土棚に藤沢工場を新設。
昭和44年 創業100年祭を実施。
昭和45年11月 千葉県柏市新十余二工業団地に柏工場を新設。
昭和46年1月 銀座4丁目の本店を鉄筋9階建てに改築。
昭和61年9月 中央区築地6丁目に木村屋總本店ビルを竣工。本社業務を移転。
昭和61年10月 江東区有明1丁目に本社工場を新設。
昭和63年11月 西新宿木村屋ビル竣工。
平成元年5月 創業120年祭を実施。
平成13年9月 本社工場に代わり江東区有明に東京工場を新設、稼働。
平成14年3月 本社を築地から西新宿へ移転。
平成16年5月 創業135年祭を実施。
平成20年2月 三芳工場に藤沢工場の業務を統合。(藤沢工場閉工)
平成22年3月 本社事務所を西新宿から東京工場内へ移動
1